【※販売終了】恋スキャFXビクトリーDX完全版は勝てない?評判から徹底検証

  • 2020年10月11日
  • 2022年1月12日
  • FX
FX

※恋スキャFXは販売終了になりました。

お金の先生 ふえぞう です。

今回は、

「FX初心者でも” 空いた時間にぱぱっと稼ぐ“ ”ゲームのように楽しんで稼ぐ方法
にこだわり作られた本格スキャルピング教材」

というキャッチなコピーの「恋スキャFXビクトリーDX完全版」のレビューを書いていきます。

※注意:この商材は令和2年11月30日(月)23時59分で販売終了いたしました。

【殿堂入り】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、最速のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版

恋スキャDXビクトリーDX完全版は、勝てるのか、勝てないのか。

そのロジックを含めて巷に流れる評判を徹底検証してみました。

販売業者投資助言代理行(投資顧問業)関東財務局長(金商)第2267号

 

クロスリテイリング株式会社

運営責任者松野 有希
所在地〒130-0013

 

東京都墨田区錦糸一丁目2番1号 アルカセントラル12F

電話番号03-5244-5344 (平日11時〜18時)
メールinfo@koisca-fx.com

恋スキャFXビクトリーDX完全版とは?

「恋スキャFXビクトリーDX完全版」は2011年に発売された「恋スキャ」をパワーアップさせたもので、インフォトップ投資教材で総合ランキング1位になったこともあるとともに、あまりにも売れすぎたので「殿堂入り教材」として表彰されています。

なぜ「恋スキャFX」は有名なのか?

なぜ「恋スキャFX」は有名なのかというと、以下の特徴を持っていたからです。

  • トレードロジックがシンプル
  • FX初心者向けの内容もカバーした講義が充実
  • サポートが手厚い

近年では似たようなコンセプトを持った商材も増えはきましたが、2011の年当時にしてみれば、ユーザーへの経済的自立を図ろうとした良質の商材はあまり多くはありませんでした。

また、解説を行っている「FX-Jin」さんは、「投資教育の面から日本を変えていきたい」という信念から、FX商材業界最大手である「クロスリテイリング株式会社」を立ち上げ(2009年創業)現在に至ります。

代表取締役を退いてからは、ファウンダーとして複数のグループ会社を率いています。

そんなFX-Jinさんが自ら解説するこの教材は、以外なレアものかもしれません(笑)

「恋スキャFXビクトリーDX完全版」で使う指標は?

次に「恋スキャFX」の核となるロジックについてですが、大雑把にいうと以下の3つの指標を使って取引の判断・実行を行います。

  • ボリンジャーバンド
  • RSI(アール・エス・アイ)
  • MACD(マック・ディー)

これらの値から、相場環境が「レンジ相場」なのか「トレンド相場」なのかを判断していきます。

レンジ相場とトレンド相場を探るには?

「恋スキャFX」で利用されている、レンジ相場とトレンド相場を探るための指標について、簡単に説明します。

まずは、「ボリンジャーバンド」と「MACD」は「トレンド分析」の指標で、市場の全体的な方向性(トレンド)を見極めます。

「RSI」は「オシレータ分析」の指標で、現在のトレンドの強さや、売られすぎ買われすぎなどを見極めます。

求める式は以下のようになります。

・MACD = 短期EMA-長期EMA
   EMA=(前日EMA × (n-1) + 当日終値 × 2) ÷ (n+1)

・ ±3σ = n日の移動平均 ± n日の標準偏差×3
   標準偏差=√(n×n日間の終値の2乗の合計-n日間の終値の合計の2乗)÷(n×(n-1))

・RSI= 100 - (100 ÷ (RS+1))
   RS=(n日間の終値の上昇幅の平均)÷(n日間の終値の下落幅の平均)

※全て、日足を基準に書いてありますが、恋スキャFXでは5分足が基本なので、「何日」の部分は「5分足何本分」と読み替えます。

式の内容は覚えなくても良いのですが、どちらの指標も「終値」を基準にしているのはお分かりでしょうか。

指標を用いるときには「1本前の足までの状況であれば」が土台となります。

これが、「現在の」相場環境がレンジ相場なのかトレンド相場なのか、人によって判断が分かれる原因となります。

と同時に、恋スキャFXの評価が分かれる原因とも考えられます。

恋スキャFXビクトリーDX完全版のロジックについて

それでは改めて、恋スキャFXビクトリーDX完全版の3つのロジックについてのレビューをしていきます。

レンジ相場用逆張りロジック

まずはレンジ相場用逆張りロジックから書いていきます。

RSIでレンジ相場かトレンド相場かを判断してから、ボリンジャーバンドを利用して取引を行うというのが主な方針です。

ざっくり書くと、逆張りエントリーしてセンターラインで決済というものですが、先ほども書いた通りRSIの数値は「1本前の足までの状況」を表しており、エントリーが理想より遅れる可能性が高く、獲得pipsも予定より少なくなります。

そこで、少し早めに入ろうとすると損切りされ、遅く入ると損切りよりも獲得pipsが少なく・・・・と、悪循環に陥りやすいです。

しかし、このロジックは理にかなっているため、レンジ相場でのスキャルピングをメインにするのであれば、相場環境認識やローソク足の値動きの性質などをもっと突き詰めれば十分戦えます。

初心者や今まで理論をしっかりみてこなかったという人からしたら学べることが多いと思います。

トレンド初動を捉えるロジック

次に、トレンド初動を捉えるロジックではRSIを利用します。

しかし、RSIは「トレンドの勢い」と「レンジでの売られすぎ買われすぎ」の両方を意味してしまうので、初心者の方には難しく感じるところだと思います。

初心者以上でもレンジとトレンドの境目というのは判断に迷う箇所ですので、指標で一発で判断できるなら皆さん苦労しないでしょう。

「レンジ相場が全体の7割以上に出現する」というのであれば、トレンドに以降するのは事故(損切り)と割り切って、確率論(リスクリワード比や資金管理)で乗り切るのもアリかと思います。

順張りスキャルのロジック

最後に、順張りスキャルのロジックに関しては、3つの中で一番獲得pipsが多い可能性を秘めています。

しかし、ざっくり言うとエントリーの条件が第2波の押し目or戻り売りということで、常にマーケットを見ることができない方からすると、この状況を見逃す可能性が高いように感じます

家に帰ってきたときに、運よくこの状況に出会うことを楽しみに仕事に励みましょう(笑)

ロジック(ルール)で状況を判断して、FXトレードをするのですが、自分でエントリーと決済を行う裁量取引なので、稼げたり稼げなかったりという状況が起こります。

恋スキャFXビクトリーDX完全版の口コミ

「恋スキャFXビクトリーDX完全版」の口コミをピックアップしてみました。

良い口コミ

まずは、良い口コミをチェックしてみましょう!

良い口コミ

エントリー、利確、損切の基本ルールが明確なので、それもわかりやすいです。


他の商材と違い動画中心の内容で理解し易いですし、専用ページやメールサポート、メルマガ等手厚いサポートで、まじめで効果的な教材であると納得いたしました。


メールサポートやメルマガやライントレード講座、 無料セミナーを体験していくうちに、今では何故あの時あんなところでエントリーしていたんだろうと、不思議に思えるくらい着実に<相場を見る>事ができるようになっています。

良くない口コミ

良くない口コミもチェックしていきます。

良くない口コミ

ロジック自体はかなりベーシックで、ボリンジャーバンドとMACD、RSIを使ったレンジ逆張りスキャルがメインのトレード方法になっています。そのため、革新的な目新しさなどはありません。


100回エントリーチャンスを探そうと思えば探せますが、一つ一つのトレードの精度を上げていかないことには負けが続いてしまうことがあり、あたかもロジックどおりにトレードすれば勝てるかのような言い回しをしていますが、それは大きな間違いです。


商材内でのエントリー例の解説が、リアルタイムチャートで先端のローソク足で上下するレートを見てのエントリー解説が少ない気がしました。



恋スキャFXビクトリーDXは勝てるのか?勝てないのか?

ここまで「恋スキャFXビクトリーDX完全版」について説明をしてきましたが、結局のところ勝てるのか?勝てないのか?ということですが結論は「勝てます」。

ルール通りに行えば、「勝率」を上げることはできます。

ただし、勝てはするのですが、稼げるところにたどり着くまでは学習と時間が必要となります。

初心者は、無意識のうちに自分の予想する結果が「全て」正しいと考えてしまいます。

そして予想と逆の方向へ値が動くと、「なんで逆にいくんだよ!」と熱くなった経験はありませんか?(私は初めの頃はしょっちゅうありました。)

「なんで」と考えた時点で、自分にとって都合の良いことしか考えていませんし、取り返そうとルールを無視した無理な取引をしてロスカットで退場・・・となりかねません(重ねて書きますが、私は初めの頃はしょっちゅうありました)。

これは、自分が「値動きは上がるか下がるかのギャンブル」「(成功者と同じように)自分は簡単に稼げる」という間違った思い込みをしている合図なのです。

間違った思い込みを破るためには、相場環境認識の方法・ローソク足の値動きと特性・学び方・認知バイアス・自己規律(取引ルールや資金管理)などを学ぶ必要があり、それが達成できたときにはあなたが見る世界は一変することでしょう。

例えば、ランダムに動くように見えるローソク足にも一定の法則が存在することが理解できたり、自分の取引の結果を受け入れられるようになれます。

さらに、「投資(FXなど)は確率論で考えるべき」というのは、チャートが示す全ての情報(自分にとって良い情報と悪い情報の両方)を平等に受け入れて判断をすることが前提で、自分の思い込みで見たくない情報をシャットアウトしている状態(これが一種の認知バイアス)が前提ではないことも理解できると思います。

そんな世界の見え方をあなたにもして欲しいのですが、慣れ親しんだ考えや思考というのは、僕を含めて他人が変えることはできません。

あなたが考えを変化させるように意識をして行動しすることで、少しずつ変化していき(変化中には実感はありません)、しばらく経ってから自身の変化に気づくものです。

子どもの頃、気付いたら身長が伸びていた、という感じと言ったらニュアンスは伝わりますでしょうか。

ですが、時間をかけて学習をすれば絶対に負けなくなるのかというと、そんなことはありません。

負けることもあるけれど「起きた出来事から何を学んでいるのか」「自分がどれくらい成長できたか」の方に集中することになるので、初心者のときに負けた時とは意味合いが全く変わります。

そして、この「負けトレード」から学んだことを次に活かすようになれます。

「稼いでいる」というには「なる」のではなくて、学んで上手くトレードできるようになった「ご褒美」のようなものなのです。

まとめ

今回は「恋スキャFXビクトリーDX完全版は勝てない?評判から徹底検証」ということで書いてみました。

勝てるか、勝てないか、の結論は「勝てる」ですが、稼ぐためには「学習が必要」という条件付きになります。

この商材は「全自動でお任せ」というものではなくて、あくまでもあなたの成長を手助けするきっかけの一部に過ぎません。

私個人では、この商材は裁量について勉強するための時間が必要になるので、今すぐに稼ぎたい、というよりも「自分の見える世界を変えて稼ぎたい人」にオススメです。

そして、いくつかある学習内容のうちの1つ、プロが考える「取引ルール」を知ることができるのは、メリットが大きいです。

その他の内容についてもスマホで閲覧することができ、隙間時間に勉強をすることも可能なのは嬉しいですね。

それでは今回はこのへんで。

お金の先生 ふえぞう でした。

問い合わせ

お金の先生 ふえぞう です。当HPへお越しいただきありがとうございます。ただ今、無料相談受付中です。お気軽に下記のフォームよりご相談ください。 【無料相談受付中】私は、人に頼るのは迷惑なことだ と思い込んでいました。しかし、誰しも最[…]

メルマガ

お金の先生 ふえぞう です     ⇒進路説明会で最新情報をGET!![…]

最新情報をチェックしよう!